ビットレンディング(BitLending)は年利が高すぎて怪しい?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
ミタマ

こんな悩みにお答えします。

1年以上ビットレンディングで運用していますが、ちゃんと利息もついたし、返金もされましたよ。

返還 返金

世間では仮想通貨を使った詐欺が横行しているで、「ビットレンディングも詐欺じゃないかな?」と不安でしたが、考えすぎでした。

この記事では、「ビットレンディングが”怪しい”」と言われる理由や「リスクを回避した運用方法」について解説していきますね。

過去を振り変えればBTCの価格は上がってる。

BTCチャート

BTCの価格が上がれば、もらえる利息も増えますよ。

はやく始めればそれだけ資産が増えるので、当記事を読んで明るい未来を手に入れましょう。

〈ビットレンディング概要〉
年率8〜10%(※1)
複利
運用
自動
対応
通貨
BTC,ETH,USDT,USDC,ADA
ロック
期間
1ヶ月
最小
枚数
0.01BTC
0.1ETH
確定
申告
カンタン
クリプタクト
連携あり
国内
サービス
拠点:東京
返還
日数
翌日から7営業日以内
セキュリティ2段階認証あり
出金
手数料
4回/年は無料。
口コミ数あり
貸出
開始
着金した翌日
オススメ
公式
HP
ビットレンディング公式
※1:2023/10時点。

>>>ビットレンディングの始め方へ移動する。

目次

ビットレンディング(BitLending)を運用した結果。

挿絵

受け取った利息は・・・。

利息+2,687円。

利息

レンディングの内容は、以下のとおり。

  • 運用期間は1年。
  • 貸出したBTCは0.01。
  • 当時のレートで約2万7千円。

0.01BTCはビットレンディングで貸出ができる、最小枚数ですね。

当時は「BTC預けるだけで年利8%?ホンマかいな」って半信半疑だったんですよね。

なので最小枚数でしか、トライしませんでした。

ミタマ

もっと貸出してればよかった!

地銀の金利が0.02%くらいなので、1千万預けても2,000円。

ビットレンディングのほうが利回りがいいですね、たった1年で+2,687円。

預けたBTCもちゃんと返ってきましたよ。

くわしい運用報告は「【運用ブログ】ビットレンディングに1年預けた結果○,○○○円に!」で解説しています。

>>>ビットレンディングの始め方へ移動する。

なぜビットレンディング(BitLending)は怪しいと言われるのか。

怪しい

「ビットレンディングは怪しい」と言われるのは、以下の3つが影響していると思われます。

運用してわかった、実体験を元に解説していきますね。

最高年利10%?高すぎて怪しい。

ビットレンディングの利回りは、通貨によって微妙に違いますが8〜10%

bitlending 利率

他社と比べて高年利なので、「美味しい話には裏があるんじゃないの?」って思われても仕方がありませんね。

以下の表で、年利を比べてみました。

取引所・銀行年率
地方銀行0.02%
ビットバンク0.1〜5%。
GMOコイン1〜3%・15%
(プレミアム)
コインチェック1〜5%。
ビットレンディング8〜10%。

なんでそんなに高年利なの?

ビットレンディングには、他社よりも高い利回りを出せる仕組みがあるんです。

ビットレンディングが高利回りな理由。
  • 海外取引所クリプトファンドと提携している。
  • 暗号資産雑誌を運営していて、事業基盤がある。
  • 金融工学アルゴリズムを活用して、安定運用している。

引用:クリプタクトFAQ 

高い専門性雑誌事業(アイオライト)に基盤に、高利回りで運営されているんです。

アイオライト

FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.

利率が高すぎて不安だったけど、事業基盤がわかると安心できますね。

口コミ・評判が少ない。

ビットレンディングの口コミはほとんどありません。

理由はシンプルで仮想通貨を持ってる人って、日本の人口の4%しかいないからです。

仮想通貨所有者が全員レンディングするわけではないので、口コミを目にする機会はほぼゼロっと言っていいでしょうね。

ミタマ

他社のレンディングも、口コミは少なめ。

なので口コミが少ないのを、ネガティブに捉える必要はありませんね。

とはいえ「レンディング前に口コミが知りたい!」ってあなたのために、𝕏(旧ツイッター)で口コミを調査しました。

結果としては「口コミがすくない」「〇〇円の利息がついた!」などのポストが多かったですよ。

𝕏(旧ツイッター)の口コミ・評判を見てみる。

悪い口コミ。

口コミが少ない。

悪い口コミはないと言ってもいいですね。

口コミが少ないこととが、悩みになっている状況。

ぼくもX(旧Twitter)でかなり検索しましたが、悪い口コミは見つけられませんでしたね。

レンディング開始したら基本は放置なので、口コミも書きにくいかもしれません。

いい口コミ。

X(旧Twitter)で運用報告の口コミが、多数みつけられました。

みなさん銀行とは比にならない、利率に驚いていますね。

口コミは少ないですが、ポストを見る限り、みなさん満足しているようですね。

 

金融庁未登録。

2024年5月時点で、金融庁の暗号資産交換業へは未登録です。

ビットレンディングは、交換業者ではないので、そもそも登録の必要がないんですよ。

暗号資産にはビットコインを含めさまざまな種類の暗号資産(アルトコイン)があり、それらを取引できるサービスを提供している企業が暗号資産交換業者です。

DMM Bitcoin

交換業者とは、日本円と暗号資産を交換する会社、つまり仮想通貨取引所のことです。

ビットレンディングは日本円と仮想通貨を交換していなくて、預けているだけなので登録不要という解釈なのでしょう。

その証拠に運営して4年経っていますが、経営を継続されています。

挿絵

引用元:ビットレンディング公式。

>>>ビットレンディングの始め方へ移動する。

ビットレンディング(BitLending)のリスクとデメリット。

挿絵

ぼくが感じたデメリットは、以下の3つ。

デメリット・リスクの回避方法についても解説しますね。

破綻リスク。

分別管理の適応外なので、ビットレンディングが破綻すると、資産は返ってこないでしょうね。

分別管理とは、証券会社や暗号資産交換業の資金と、投資家の資金を分けて管理させる義務付けのこと。

金融庁に登録している暗号資産交換業(仮想通貨取引所)は、顧客の資産と自社の資産を分けて管理するように義務付けされています。

暗号資産交換業者は、その行う暗号資産交換業に関して、暗号資産交換業の利用者の金銭を、自己の金銭と分別して管理し、内閣府令で定めるところにより、信託会社等に信託しなければならない。

資金決済法「第六十三条の十一 利用者財産の管理」より

資金を別のところで管理しているので、運営会社が破綻しても投資家の資産が守られるんですね。

ビットレンディングには金融庁未登録(そもそも交換業者じゃない)なので、ぼくたちの資産を分別管理する義務はありません。

つまり破綻すると返金されない可能性は十分あります。

ミタマ

ただビットレンディングが特別リスキーじゃないよ。

Coincheckの貸暗号資産サービスも分別管理対象外だし、実は外国為替証拠金取引や信用取引、先物取引も対象外なんです。

Coincheck 貸暗号資産
Coincheck 貸暗号資産②

引用元:Coincheck貸暗号資産サービス。

実際にビットレンディングでどのように保管されているかはわかりませんが、「破綻したときは返還されないかも」と頭に入れて投資したほうがいいでしょうね。

全資産投入するよりは、一部分をレンディングするほうが良さそうですね。

出金・送金手数料がかかる。

ビットレンディング側では手数料は不要ですが、仮想通貨取引所を利用した際に、手数料がかかります。

ミタマ

なのでGMOコインを使って、手数料を”ゼロ”にしましょう。

せっかくもらったレンディング報酬が目減りするのは、もったいないですもんね。

手数料が発生するタイミング。
  • 仮想通貨取引所からビットレンディングへ送金
  • レンディング解約後、仮想通貨取引所から円にして出金

※レンディングの解約を4回/年以上すると「ビットレンディング→仮想通貨取引所」の送金手数料が必要になります。

GMOコイン以外だと、手数料をかなり取られるので注意!

取引所送金手数料出金手数料
コインチェック0.0005BTC407円
ビットフライヤー0.0004BTC220〜770円
GMOコイン無料無料

例えば1BTC1,000万円のときに、送金手数料だけで5万円も必要に。

あなたの大切な利益を守るために、GMOコインを使いましょうね。

挿絵

詳しい内容は、「GMOコインの口座開設方法。手数料ほぼ0円!」で解説しています。

仮想通貨の価格変動リスク。

仮想通貨の返還に一定の期間が必要なので、「価格が下がってきたし、この辺で売っとこうかな」ってときに、素早い対応ができません

理由は以下の2つ。

  • レンディング開始1ヶ月は解約できない
  • 解約後、着金まで最短で7営業日

仮想通貨の値動きは激しいので、ビットレンディングの返還を待っていると、タイミングを逃してしまいます。

ただ「ビットレンディングはロック期間があるからリスク高い」というわけではありません。

ミタマ

実は他社に比べ、ロック期間は短い方なんです。

企業名ロック期間
ビットバンク1年間
GMOコイン1-2週間・1ヶ月・2ヶ月
コインチェック14・30・90・180・365日
ビットレンディング最初の1ヶ月
ロック期間中の、途中解約はできません。

短期トレード用の仮想通貨をレンディングすると身動きがとりにくいので、長期保有分の仮想通貨をレンディングしましょうね。

>>>ビットレンディングの始め方へ移動する。

ビットレンディング(BitLending)のメリット。

挿絵

年利が高いことに加え、他にもたくさんのメリットがありますよ。

ぼくが実際に運用して感じたメリットは3つ。

税金・損益計算が楽ちん。

クリプタクトという損益計算ツールと連携しているので、確定申告用のめんどくさい計算を一瞬で終わらせられます。

エクセルでもできるけど、レンディング報酬を受け取ったときの暗号資産の時価を調べたりと、かなり大変。

1年運用したら、12ヶ月分調べないといけない。

ビットレンディングから取引履歴をダウンロードして、クリプタクトにアップロードするだけ。

クリプタクト 取引履歴
ミタマ

ぼくは愛用していますが、クリプタクトは手放せませんね。

計算方法は「ビットレンディングの税金はどうする?クリプタクトで確定申告。」でくわしく解説しています。

“ある意味”リスク分散。

暗号資産の保管場所を分けることは、リスク分散にもなります。

ミタマ

コールドウォレットで資産を管理していても、ハッキングで失う可能性は十分ありますよ。

実際コールドウォレット大手のレジャーは、ハッキング被害を受けています。

レジャー ハッキング

コインテレグラフジャパン

コールドウォレットが被害にあっても、ビットレンディングにある資産は守られますよ。

なので“ある意味”リスク分散とも言えますね。

円安・ゼロ金利政策へのリスクヘッジ。

銀行にお金を預けても、ほとんど金利はつきませんよね。

さらに円安で、日本円の価値は下がり続けている。

ミタマ

今の日本で、投資をしないことがリスク。

暗号資産に投資するだけでもリスクヘッジにはなりますが、保有しているだけでは利息を生まないので、ちょっともったいない気がしていました。

Difiやステーキングは海外がメインで、詐欺も多く参入しづらい…。

そんなときにビットレンディングのサービスを見つけて、「コレだっ!」って思ったんですよね。

挿絵

破綻リスクがあるので大金を突っ込めませんが、資産の一部(少額)だけでも、レンディングしてリスクを回避することにしたんです。

>>>ビットレンディングの始め方へ移動する。

リスク回避の運用方法。

挿絵

「年利10%なら手持ちの暗号資産をレンディングして一攫千金!」というのは、リスクが高いと思います。

ぼくがリスク回避を意識した箇所は以下の3つ。

少額からはじめる。

よく言われる「投資は余剰資金で」を実行しました。

まずは手持ちの仮想通貨で、「仮に無くなってもいいか」ってレベルの最少額をレンディング開始。

ミタマ

貸し出せる最低金額が通貨ごとに違うよ。

通貨最低金額
BTCビットコイン0.01BTC
ETHイーサリアム0.1ETH
USDTテザー
(TRC/ERC-20)
200USDT
USDCUSDコイン
(TRC/ERC-20)
200USDC
DAIダイ200DAI

無理せず可能な範囲から、レンディングしてみましょうね。

暗号資産(仮想通貨)を分ける。

ビットコインが下がると、他のアルトコインも下がる傾向にありますが、必ずしも相関関係にあるわけではありません。

BTC ETH チャート
ミタマ

なので通貨を分けて運用しました。

ぼくは手持ちのBTCとETHの一部を運用していますよ。

レンディング会社を分ける。

破綻リスクを回避するために、レンディング会社を分けました。

レンディング会社を分けることで、利息はきっちりもらいながら、破綻リスクは1/2に抑えられるのでオススメの運用方法です。

コインチェックは利息が低くかったので利用せず、最高年率12%のPBRレンディングを利用しました。

ビットレンディングにBTC、PBRレンディングにはETHをレンディングって感じです。。

PBRレンディングについては「【徹底比較】ビットレンディングとPBRレンディング。オススメは〇〇」で解説しています。

ビットレンディング(BitLending)の始め方。

挿絵

疑問や不安が無くなったところで、さっそくレンディングをはじめましょう

仮想通貨をずっと眠らしておくのは損ですからね。

5STEP
  • メールアドレスを登録する。
  • 会員申し込みをする。
  • 仮想通貨を貸出す。
  • GMOコインから暗号資産を送金する。
  • レンディング(貸出)開始。

くわしい登録方法がしりたい方は「【初心者向け】ビットレンディングの始め方・やり方を徹底解説。」を参考にしてくださいね。

返還申請(やめ方)の方法。

挿絵

返還申請のやり方は、サブスクを解約するくらい簡単ですよ。

  • ビットレンディングにログインする。
  • 返還請求する。
  • 受付完了・返還完了メールがくる。

ただ一つ絶対にミスできないのは、出金先のウォレットアドレスを間違わないこと。

間違ったアドレスに送金すると、資産は返ってきませんよ。

【ビットレンディング】返還申請・解約(退会)する方法を完全解説。」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にして下さいね。

>>>ビットレンディングの始め方に戻る。

まとめ。

挿絵

「ビットレンディングは怪しい!」と思っていましたが、ちゃんと利息もつくし返金もされますよ。

返還 返金

破綻リスクなどもありますが、うまく運用して年利8〜10%を取りにいきましょう。

ぼく0.01BTCを1年レンディングしただけで利息2,687円もゲットしましたよ。

登録は簡単5STEP。

5STEP
  • メールアドレスを登録する。
  • 会員申し込みをする。
  • 仮想通貨を貸出す。
  • GMOコインから暗号資産を送金する。
  • レンディング(貸出)開始。
ミタマ

仮想通貨で夢の不労所得を目指しましょう!

〈ビットレンディング概要〉
年率8〜10%(※1)
複利
運用
自動
対応
通貨
BTC,ETH,USDT,USDC,ADA
ロック
期間
1ヶ月
最小
枚数
0.01BTC
0.1ETH
確定
申告
カンタン
クリプタクト
連携あり
国内
サービス
拠点:東京
返還
日数
翌日から7営業日以内
セキュリティ2段階認証あり
出金
手数料
4回/年は無料。
口コミ数あり
貸出
開始
着金した翌日
オススメ
公式
HP
ビットレンディング公式
※1:2023/10時点。

>>>ビットレンディングの始め方に戻る。

よくある質問。

挿絵
貸出できる通貨は?

今なら5万円以下から始めることができますね。

最低枚数
(BTC)
最低金額
(円換算)
ビットレンディング ロゴ0.0142,510円
GMOコインロゴ0.1425,100円
2023/8/11時点
登録・開設方法は?
5STEPで解説
  • ビットレンディングにメールアドレスを登録する。
  • 会員申し込みをする。
  • 仮想通貨を貸出す。
  • GMOコインから暗号資産を送金する。
  • レンディング(貸出)開始。

以下の記事で、すべてわかるように解説しています。

送金の具体的な方法は?

GMOコインなら、以下の方法でかのうです。

GMOコインですることは2つ。
  • GMOコインにビットレンディングのアドレスを登録する。
  • GMOコインからビットレンディングに送金する。

GMOコインから送金する。」で詳しく解説しています。

運営会社は?
運営会社株式会社J-CAM
会社設立2020年5月
サービス名ビットレンディング
BitLending
サービス開始2022年2月
特徴最大年率10%
公式サイトhttps://bitlending.jp/
他におすすめのレンディング社は?

最大年率12%のPBRレンディングです。

登録手順もビットレンディングとほぼ同じ難易度ですよ。

メリット/デメリットを「【徹底比較】ビットレンディングとPBRレンディング。オススメは〇〇」で解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

挿絵

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次