【最大5%】Coincheckの貸暗号資産(レンディング)のやり方を徹底解説。

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

仮想通貨を持っているだけでは、もったいないと思いませんか?

Coincheckの貸暗号資産(レンディング)サービスを利用すれば、最大5%の利率で暗号資産を増やすことができますよ。

とはいえ、いきなり始めるのも怖いと思うので、当記事で貸暗号資産サービスのすべてを解説していきますね。

ミタマ

初心者のもわかりやすいように、図解たっぷりですよ。

人気のプランは申し込みができないことがあるので、他の人より早く行動して、高年利で暗号資産を運用しましょう。

\【無料】登録はわずか10分/

【公式】ホームページ

目次

Coincheckの貸暗号資産(レンディング)とは。

挿絵

持っている暗号資産を、Coincheckに貸し出すことで利息を得る方法です。

暗号資産を持っているだけでは利息はつきませんが、貸し出すことで利息を得るチャンスが生まれます。

ミタマ

たとえるなら、暗号資産の定期預金みたいなものですね。

ただし、暗号資産の貸し出しにはリスクも伴います。

貸し出し期間中は預けた暗号資産を引き出すことができないため、価格変動に対応できないことも。

慎重に考えた上で利用することが大切ですよ。

あなたが貸暗号資産で失敗しないために、まずは貸暗号サービスの概要を解説しますね。

Coincheckの貸暗号資産サービスの”年利”。

年利は最大で5%

貸出期間が長くなると、年利も上がる仕組みになっています。

年率貸出期間
1%14日間
2%30日間
3%90日間
4%180日間
5%365日間

たとえば365日間1BTCを預けたら、5%増えて返ってくるってことですね。

ミタマ

1BTC1,000万だと、利息だけで50万にもなります。

眠っている仮想通貨は、預けないとですね。

Coincheckの貸暗号資産サービスの”銘柄”。

Coincheckで取り扱っている、すべての通貨が対象です。

主要通貨のビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に対応。

それ以外にも、マティック(MATIC)やリップル(XRP)など様々な通貨にも対応していますよ。

対応通貨

ただし時期によっては、取扱が停止している通貨もあるので、詳しくは公式HPを確認してくださいね。

長期保有・分散投資が目的なら、買った通貨はとりあえずレンディングしておけば、通貨が雪だるま式に増えていきますね。

Coincheckの貸暗号資産サービスの”手数料”。

Coincheckの貸暗号資産(レンディング)手数料は無料です。

驚きなのが、投資信託などと違い、運用手数料は“ゼロ”なんです。

ミタマ

ただし入出金などの手数料は必要ですよ。

手数料金額
入金手数料0~1,018円
スプレッドあり。
取引所手数料(BTC)0円。
貸暗号通貨サービス手数料0円。
出金手数料407円

運用コストが“ゼロ”なので、気軽に始められますね。

Coincheckの貸暗号資産サービスの”利益は課税対象”。

利息は課税対象になります。

ぼくは税理士ではないので、詳しい解説はできませんが、Coincheck公式に以下のように記載されていました。

課税

Coincheck公式|暗号資産(仮想通貨)レンディングの始め方と知っておくべき3つの注意点

仮想通貨の確定申告は難しい?

ぼくみたいな素人でも損益計算ツールを使えば、サクッと計算できますよ。

Coincheckはクリプタクトという、村営計算ツールと提携しています。

損益計算はデータをツールに送って、ポチッとするだけ。

ミタマ

計算が楽なので、不安なくレンディングができますよ。

詳しい操作方法は「【NFTの確定申告】クリプタクトで税金・損益計算!使い方を解説。」で解説しています。

\【無料】登録はわずか10分/

【公式】ホームページ

貸暗号資産サービスのデメリット・注意点。

挿絵

ぼくが感じたデメリットや注意点は、以下の4つ。

わかりやすく解説しますね。

他社と比較して年率が低い。

Coincheckの貸暗号サービスは、年率は低く最大でも5%しかありませんよ。

最大5%と掲載されていますが、承認されないことも多く、実際に貸し出せるのは1-3%

レンディング

他の会社では、Coincheckの3~4倍の利率で貸し出せるサービスもありますよ。

レンディングサービス年利
Coincheck1~5%
ビットレンディング8~10%
PBRレンディング10~12%

たとえばPBRレンディングで仮想通貨を貸し出せば、Coincheckの2倍以上の報酬がもらえますよ。

くわしくは「BitLendingとPBRレンディングを徹底比較。オススメはこっち。」で解説しています。

分別管理の対象外。

Coincheckが破綻すると、資金が返ってこない可能性があります。

貸暗号資産サービス利用中の暗号資産は、分別管理の対象外なんです。

分別管理

Coincheck公式|Coincheck貸暗号資産サービス

分別管理とは?

ユーザーと取引所の資産を分けて管理する方法。
それにより万が一破綻しても、ユーザーの資産が保護できるんです。

Coincheckに預けている、暗号資産は分別管理対象なので安心してください。

Coincheckが破綻した場合、資産がなくなる可能性がるので注意が必要ですね。

途中解約できない。

貸し出した資金はロックされ、途中で解約できません。

以下の表のように、年利ごとにロック期間が異なるので、注意が必要。

ロック期間年率
14日間1%
30日間2%
90日間3%
180日間4%
365日間5%

たとえば急に現金が必要になったり、価格変動で仮想通貨を売りたいときなど、すばいやい対応ができないのはデメリットですね。

他社と比べロック期間は長い傾向にあるので、しっかりプランを練ってから貸出しましょうね。

レンディングサービスロック期間
Coincheck
(年利:1~5%)
14・30・90・180・365日
ビットレンディング
(年利:8~10%)
1ヶ月
PBRレンディング
(年利:10~12%)
1ヶ月・1年

余剰の余剰資金でレンディングするくらいが、ちょうどいいかもしれませんね。

「万が一のときは、すぐに返還したい」と思っているあなたは、ロック期間が短い、BitLendingやPBRレンディングのほうが向いていますよ。

承認されない?

貸暗号資産サービスは、承認されないことや承認申請中が長いケースの報告が多々上がっています。

以下のポストのように、ずっと待ってて始まらない人も…。

待ってる間は利息がつかないので、機会損失ですよね。

原因と対策を「【コインチェック】レンディングで”貸出申請中が長い”原因と対策方法。」で詳しく解説しています。

\【無料】登録はわずか10分/

【公式】ホームページ

貸暗号資産サービスメリット。

挿絵

ぼくが感じたデメリットや注意点は、以下の2つ。

わかりやすく解説しますね。

貸し出せる通貨が多い。

Coincheckの貸暗号資産サービスでは、28種類の暗号資産を貸し出せる点が魅力です。

ミタマ

トップクラスですよ。

複数の暗号資産を扱えることで、リスクを分散しやすく、さまざまな資産から利益を得るチャンスが広がります。

レンディングサービスロック期間
Coincheck28種類
BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM
LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM
BAT・IOST・ENJ・PLT・SAND・XYM
DOT・FNCT・CHZ・LINK・MKR・DAI
MATIC・IMX・APE・AXS・WBTC
GMOコイン27種類
BTC・ETH・BTH・LTC・XRP・XEM
XLM・QTUM・ENJ・DOT・ATOM
XYM・MONA・ADA・MKR・DAI
LINK・FCR・DOGE・SOL・ASTER
FIL・SAND・CHZ
BitLending6種類
BTC・ETH・XRP・USDT・USD・DAI
PBRレンディング29種類
BTC・ETH・ADA・XRP・USDT・USDC
2024年5月時点。Coincheckで取り扱う全ての通貨が対象
ミタマ

マイナーな通貨があるのは、ありがたい!

「この通貨もってるけど、まだ売る気ないんだよね」と、遊んでいる通貨があるなレンディングするのはアリですね。

保有している通貨が多かったり・リスク分散をしっかりとってレンディングしたいあなたにぴったりですね。

マネックスグループの傘下。

Coincheckは金融大手のマネックスグループの一員なんです。

マネックスグループの豊富な資金とノウハウを活かし、セキュリティも非常に高い評価を得ていますよ。

ミタマ

仮想通貨業界は、詐欺が多いので大手が安心

  • 資金を分散管理。
  • 二段階認証。
  • SSL暗号化通信。

大手のサポートがあることで、初心者でも安心して利用できる仮想通貨取引所となっています。

\【無料】登録はわずか10分/

【公式】ホームページ

貸暗号資産(レンディング)の始め方。

挿絵

貸暗号資産サービスの始め方を3STEPで解説しますね。

スマホアプリでは、貸暗号資産サービスは登録できません。

ミタマ

スマホでもブラウザからなら登録できますよ。

図解付きでわかりやすく、解説しますね。

>>>すぐに貸暗号資産サービスに申し込む。

STEP

Coincheckで口座開設する。

Coincheckの口座開設がまだなら、まずは口座を開設しましょう。

Coincheckは、5年連続でアプリダウンロードがNO.1の人気の仮想通貨取引所ですよ。

Coincheck
対応通貨29種類(2024年5月時点)
販売所/取引所あり/あり。
最少購入金額500円。
スプレッドあり。
レバレッジなし。
入金手数料0~1,018円
送金手数料あり。※1
積立投資あり。
金融庁登録済。
※1Coincheckユーザー間は無料。

\【無料】登録はわずか10分/

【公式】ホームページ

ミタマ

口座開設の手順が不安なあなたは、以下の記事を参考にしてくださいね。

STEP

仮想通貨を購入する。

貸出したい仮想通貨を購入しましょう。

ETHの買い方を例に、解説していますよ。

STEP

PC・スマホから貸暗号資産サービスに申し込む。

  • PCにブラウザから申し込む。
  • 【アプリなし】スマホブラウザで登録。

貸暗号資産サービスに手数料は不要

ミタマ

登録はどちらも簡単ですよ。

PCブラウザ。

「Coincheck」にログイン→「貸暗号資産アカウント」→。

Coincheck 貸暗号資産 手順

「会員登録」→。

Coincheck 貸暗号資産 手順②

「コインを貸す」→「暗号資産」を選択(今回はBTC)→「貸出期間」→「BTC貸出枚数」を入力→「返却時に再度貸出申請を行う」いチェック→「BTCを貸出申請する」をクリック。

※1:「返却時に再度貸出申請を行う」にチェックを入れると、満期後に自動再投資してくれます。

「現在、受付中です」と表記されているプランしか貸出できません。
理由は「」で解説しています。

Coincheck 貸暗号資産 手順③
ミタマ

これでPCブラウザからの貸出は完了です。

【アプリなし】スマホブラウザで登録。

2024年5月時点で、スマホアプリから貸暗号資産の申請はできません。

ミタマ

Safari・Chromeから申請をすれば登録できますよ。

スマホから「ブラウザ(Safari・Chromeなど)」を開く→「貸暗号資産アカウント」→※初回に限り「会員登録」をタップ→「メールアドレス/パスワード/私はロボットではありません」を入力→「ログイン」→。

Coincheck 貸暗号資産 手順④

「2段階認証」→右上「≡」→「コインを貸す」→。

Coincheck 貸暗号資産 手順⑥

「仮想通貨」を選択。今回はBTC→「貸出期間」→「BTC貸出枚数」を入力→「返却時に再度貸出申請を行う※1」にチェック→「BTCを貸出申請する」をタップ。

※1:「返却時に再度貸出申請を行う」にチェックを入れると、満期後に自動再投資してくれます。

「現在、受付中です」と表記されているプランしか貸出できません。
理由は「」で解説しています。

Coincheck 貸暗号資産 手順⑦
ミタマ

これでスマホブラウザからの貸出は完了です。

まとめ。

ビットフライヤー アドレス登録10

貸暗号資産サービスの仕組とは最大5%の利率で暗号資産を増やせる投資方法。

あなたの投資スタイルが「長期保有」なら、その間はレンディングして暗号資産を増やしましょう。

\【無料】登録はわずか10分/

【公式】ホームページ

アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次